水素水の効果的な飲み方 ::: 水素水の効果・効能
スポンサードリンク

水素水の効果的な飲み方

 

水素水は、一日にどれだけ飲んでも、体内に悪玉活性酸素がなければ、
そのまま身体から抜けていきますので、飲み過ぎの心配はありません。

 

せっかく水素水を飲むのですから、ただ飲むだけではなく、
少しでも効果の高い飲み方を知っておくとよいでしょう。

 

水素水を普段の生活で意識して飲むと良い場面は、朝起きた後と寝る前、
スポーツをする前後といわれています。

 

このような場面で意識して水素水を摂取することで、普段の水分補給時に
摂取する時より体内への吸収率があがり、より効果的といえます。

 

1日どのくらい飲んだらよいのかは、年齢や体調によって、
排除すべき活性酸素の量が異なりますので、一概には言えませんが、
最低、1日に300〜500ミリリットルくらいが良いようです。

 

また、疾患の改善のための臨床試験では、1リットルくらいを飲用
する場合が多いようです。

 

 

飲み方としては、太田成男教授によると、
遺伝子のスイッチをオンにするためには、少量をちびちび飲むよりは、
一度に多量に飲んだ方が良いとのことです。

 

妊娠中の方も安心して飲めますが、むくみの症状が出ている場合は
水分を大量摂取することが制限されますので、水素水を飲む際は、
医師の指導に従うことが大切です。

 

水素水は体内の不純物を排出する作用があるため、トイレが近くなる
ことが多いのですが、
尿と一緒に体内の不純物を排出させることで、体内がきれいになるため、
面倒がらずに飲み続けることが大切です。

 

 

以下、『水素水とサビない身体』(太田成男著)より

 

水素の研究を始める前までは、酸化、炎症、アレルギーは
それぞれ別々に発生するものだと思われていました。

 

けれども、どうやらこの3つは、負のスパイラルで
密接に関わりあっているといことがわかってきたのです。

 

水素の抗酸化作用についても、当初考えていたより複雑で
悪玉活性酸素を水素が撃退するというだけでなく、
悪玉活性酸素ができにくい体質にする作用もあることが
わかってきました。

 

 

このように体質を変えるには、水素が遺伝子のスイッチを
調節します。
しかも、この調節は、照明灯でいうと、点ける、消すではなく、
光の明るさを調節するようなものです。

 

水素水を飲むと、遺伝子のスイッチの調節が働きだし、
その働きは1日くらい持続するので、
水素水を常に飲んでいなくても、効果が持続します。

 

水素水を飲む場合は、私は、ちびちびと飲むよりも
遺伝子のスイッチをオンにするために、
一度にドカンと飲むことをおすすめしています。

 

 

炎症は、外敵から自分を護ろうとして起こる反応ですが、
自分自身の細胞が壊れた場合も起こります。

 

敵が攻めてきたと勘違いして、過剰な反応によって
自分を攻撃してしまいます。
そのため、腫れたり、熱をもったり、痛くなったりします。

 

そのとき、炎症性ホルモンが発せられ、
全身に緊急事態であることを知らせ、
過剰反応となるのですが、
水素は、炎症性ホルモンの発生を抑えて、
過度の炎症を抑えてくれるのです。

 

 

抗酸化作用と抗炎症作用の関わり方の詳しいところは
今まさに研究段階ですが、この負のスパイラルを断ち切る
ことができれば、健康状態が良くなることだけは間違いありません、

 

この負のスパイラルを招く根本的な原因もまた、
活性酸素であるわけです。

 

そして、水素にこそ、負のスパイラルを断ち切る力があったのです。
逆に言えば、水素が体に効いていると感じる人ほど
負のスパイラルの中にいる人である、とも言えるのです。

 

 

スポンサードリンク




★楽天 水素水 お試し 激安 商品一覧♪ ペット用(犬・猫)もあります★